丸太杭・松杭・木杭なら室岡林業


エコバーベンチとは

杉間伐材を活用した
ベンチの新たな役割の創出

エコ・バーベンチは天然無垢の木材を丸ごと使い、その風合いが景観に優しい、都市型・現代感覚のスタンディングベンチです。
奥行きわずが33cmの省スペース設計で、場所を選ばず設置頂けます。
背もたれと座着部には国産の杉間伐材を使用することで森林資源の有効活用を図り、脚部には耐久性が強くリサイクル性もある鋳物を使用し、環境に優しいまちづくりに貢献します。

直径 横材径φ150/φ100 鋳物支柱
長さ W1200~2000×h700
樹種 杉材 円柱・背割加工
その他 AAC防腐防蟻処理・座面加工・塗装はオプション

P6110196
●P6100160
●P6100167

エコバーベンチ開発の背景

現在利用の少ない国産材の利用促進と、資源循環型社会への貢献の為、木材と鋳物の融合商品として、木製ベンチの開発に乗り出しました。
新潟県内の企業・大学との技術協力の下、省スペース・高強度・高耐久のエコバーベンチが生まれました。


エコバーベンチ3つのこだわり

木材へのこだわり

天然の木材をまるごと使用。景観に合わせた自然な風合いと、外気温に左右されにくい木材の性質による快適な座り心地が魅力です。

デザインへのこだわり

エコ・バーベンチは都市型・現代感覚の腰掛けタイプのベンチです。脚部の形状やバーの取り付け位置は、試行錯誤を繰り返し、現在の形状になりました。”腰掛け心地”はとてもよいです。

環境へのこだわり

エコ・バーベンチは国産材(主にスギ間伐材)の利用を促進し、林業の活性化を通して適切な森林の管理・運営に寄与します。脚部の鋳物は高い耐久性に加え、リサイクル性もあります。 この2つのマテリアルを使用した本製品は資源循環型の環境に優しい製品です。

よくあるご質問

Q. 脚部の固定方法はどのようになりますか?
A. スラブやコンクリートブロックなどではアンカーボルト固定が一般的です。その他の固定方法もご検討いたします。
Q. 横ビームは木地色だけですか?
A. 木地色を基本として、景観環境や用途に応じた製品色をご相談いたします。
Q. 屋外と屋内で使用環境による違いはありますか?
A. 屋内に比べて屋外は風雨に晒されます。よって、木部は木材保存薬剤を注入するなど、製造時に適切な加工を行い腐朽しにくくする必要があります。


Return Top