丸太杭・松杭・木杭なら室岡林業


丸太杭を用いた地盤補強工法
軟弱地盤対策・液状化予防対策に
丸太杭工法は大きな成果を発揮します!

丸太杭基礎の概要

「丸太杭を用いた地中の森工法」は、構築物を支えるための地盤補強工法で、丸太杭を介して円滑に地盤に伝達させることができ、また地域材のさらなる用途が期待されています。

背景

・新たな需要先として、建設分野での丸太杭の利用が期待されています。
・経緯と実績がある地盤中の基礎木杭としての技術が、改めて見直されています。
・丸太杭による地盤補強に必要とされる設計方法などの技術資料や現場施工と管理基準などをまとめました。

目的

・地盤補強が必要な条件は丸太杭の特徴の合致していることが多く、適用可能なフィールドは無現に存在しています。
・地域材の積極的な利用と用途拡大をはかることを目的として、丸太杭による地中の森工法が必要なのです。

効果

【適材適所】
・建築用途などの高品質材でなくても、丸太杭としての用途に適用していれば十分基礎補強の丸太材料になりうる。
【山林還元】
・地域林業と協同する仕組みのため、丸太杭を地中に打込むほど、健全な林業経営に貢献できる。

丸太杭基礎設計の考え方

丸太杭基礎の設計では、建築物の荷重データや地盤データ、施工現場の敷地状況および搬入路の状況、それに使用する施工機械の性能に加えて、杭頭と常水面深さとの関係などの確認を行い総合的に判断し、設計を行います。施工完了後には、載荷試験によって長期許容鉛直支持力を確認することが望ましいといえます。
※基礎木杭設計指針より抜粋
丸太杭基礎設計の考え方

丸太杭基礎の適用条件

丸太杭基礎の適用条件

◆ 作用荷重は鉛直のみを考慮する
◆ 杭頭拘束は行わない
◆ 摩擦杭に準ずる
◆ 樹種は針葉樹(杉・唐松)がよい
◆ 平たん地に分布している沖積層に打込む
◆ 先端は先削り、頭部面取りで杭体破損がない
◆ 無排土で施工が可能である
◆ 地下水が高いところは腐らない

地盤補強に丸太杭を消費することは、「地中の森」を形成することにつながり、いきいきした地域林業に結びついていきます。

※小規模構造物設計指針等から一部引用

 

丸太杭の健全度

新潟県であれば、いまから50年前に発生した新潟地震(昭和39年)で、その当時から駅舎を丸太杭で支えてきた新潟駅があり、現在も健全を保っている。現代では腐朽のメカニズムが解明されているので、地盤中に埋設された「木杭が腐る」というのは妥当ではない。

丸太杭の健全度 ※木材利用ライブラリー他より抜粋

施工と管理

丸太杭の施工と管理

①丸太杭の品質管理

・丸太杭は設計の寸法を満足し、有害な腐朽や割れなどの欠損がないことを確認する。
・丸太杭は通常、末口が先削り、元口が頭部面取が施されており、先削り側を下向きにして地盤に打込むことになり。丸太杭に特有のテーパー効果は、支持力以上に発揮することが言われている。
・杭木は皮むきの丸太杭であるため、虫害や腐朽は容易に目視判断ができ、全面的に軽度の虫害または腐朽がある(腐朽度2)以下でも杭体として成り立つ。したがって、建築材のように高品質である必要はない。

②打込み施工時の安全管理

・作業ヤードは軟弱地盤である。そのため足場が悪く、作業時の転倒を防止するために、平たんに整形するとともに敷き鉄板などの養生が望ましい。
・丸太杭の鉛直度の確認は打込み作業を一旦停止して、直交する2方向から目視により行い、適宜補正しながら所定杭長に達するまで行う。
・杭体に対して破損を生じさせることとなるため、無理な打込み、曲がり調整、引きずり行為などは避ける。

積算単価

丸太杭の積算単価

適用・出典先等
・基礎木杭設計指針 平成23年5月 (新潟県農地部)
・丸太杭工法を用いた軟弱地盤対策の設計・施工マニュアル 平成25年3月 (福井県木材利用研究会)
・小規模建築物基礎設計例 (日本建築学会)
・年次講演会概要集(土木学会)、研究発表講演集(地盤工学会)
・JSCE木材利用ライブラリ 国内の構造物基礎における木材利用事例と設計方法の変遷 平成24年3月(土木学会)

※農水省 土地改良積算基準より

配置計画

丸太杭の配置計画

丸太杭を用いた地盤補強工法は、豊富な地域資源である国産材を利用することで、林業の活性化に貢献できます。

丸太杭打設による基礎地盤の補強工法(動画)

汎用バックホウにブレーカアタッチメントを取り付けた杭打ち工事。丸太杭(松杭)を建­て込み、専用の杭打ちパットで先端部を1m程度圧入してから、ブレーカ打設工程に入る­。
鉛直性、打ち止め、頭部管理等の施工管理を伴う。

室岡林業の丸太杭・基礎杭

室岡林業の丸太杭・基礎杭

弊社では、松杭加工専用機により生産性を向上させています。各種サイズを取り揃えています。規格表を参照ください。
杭打ち専用パット(大型ブレーカ用)を所有しており、松杭販売とともに杭打ち施工も行います。お問合せください。
⇒室岡林業の丸太杭・基礎杭の詳細はこちら

丸太杭の導入事例

施工例01 宅地造成に係るボックスカルバートの基礎補強

kui_zirei01

工事種類 横断ボックスおよびL型擁壁の基礎補強工事
施工時期 2016.5
工事内容 0.45バックホウ+大型ブレーカ(丸太杭専用パット)による杭打ち工事 
製品 松杭18cm×5m
お客様の声
必要な丸太杭の検討から支持力確認(デジタル載荷試験)まで、丸太杭のトータルアドバイスを受けました。現場では大変スムーズな施工を実施することが素早く水路の復旧が出来ました。

施工例02 用水路付替に係るボックスカルバートの基礎補強

kui_zirei01

工事種類 用水路の基礎補強工事
施工時期 2014.8
工事内容 0.45バックホウ+大型ブレーカ(丸太杭専用パット)による杭打ち工事
製品 松杭18cm×4m
お客様の声
架線(電線)が通る上空制約を受ける現場で技術的相談をさせていただきました。用水路の付替延長は約100mあり、丸太杭の本数は大量で、運搬手段についても的確なアドバイスをしてもらいました。安心して取引できました。

施工例03 農地区画整備に係るボックスカルバートの基礎補強

kui_zirei04

工事種類 農道横断暗渠の基礎補強工事
施工時期 2015.2
工事内容 0.45バックホウ+大型ブレーカ(丸太杭専用パット)による杭打ち工事
製品 松杭15cm×6m 70本 打設
お客様の声
長尺6m松杭を農道を横断する暗渠水路の基礎杭として使いました。 現場の作業進捗に合わせて、納入時期を相談して納品となりました。丸太杭の品質は、まっすぐで、太さも長さも規定を満たしていました。とても良質でした。

施工例04 農業用水路(大型三面水路)

kui_zirei04

工事種類 下水管路の基礎補強工事
施工時期 2014.6
工事内容 0.7バックホウ+大型ブレーカ(丸太杭専用パット)による杭打ち工事
製品 松杭18cm×4m
お客様の声
まとまった松杭の調達で電話相談をさせてもらい、現場で相談を重ね納入を行ってもらうことになりました。納入計画に沿った確実な納入によって、杭打ち工程は確実に行うことができました。

施工例05 商業施設コンテナ基礎工事

kui_zirei04

工事種類 複合商業施設新築工事
施工時期 2016.2
工事内容 0.45バックホウ+大型ブレーカ(丸太杭専用パット)および杭つかみ機による杭打ち工事
製品 杉杭18cm×4m
78本×2工区 打設
お客様の声
特殊な建築物の基礎として設計段階から相談させていただきました。撤去後の土地利用の関連から、杭撤去まで視野に入れ総合検討したところ、地元材を利用する考えから木杭としました。杭の総合メーカーとして現場施工まで一括してお願いしました。

よくあるご質問

Q. 丸太杭のサイズ(末口径、杭長さ)はどのような種類がありますか?
A. 杭径2cm毎、杭長は1mピッチが標準規格です。サイズ表もあります。規格、在庫数の確認などお問合せください。
Q. 丸太杭の単価を教えてください。
A. 杭の種類、本数、運搬や受渡方法などをよって価格は変わります。ご希望に合わせてお見積り致しますので、ご相談ください。
Q. 杭打ち方法などの専門的な相談を行いたい。
A. 地盤条件や建設環境、上部構造物などお伝えください。より適切な提案のため現場環境などを確認させていただくことも可能です。
Q. 支持力の現場確認はできますか。
A. 現場条件や杭支持力に応じた現場確認の方法を提案します。支持力の確認時間に手間取らず、ポータブルな試験装置でできる試験もあります。
Q. 丸太杭は皮むき・皮剥ぎ丸太ですか?
A. 弊社の丸太杭は全て皮むき丸太です。地盤との親和性もよく支持力を確実に発揮する為です。
Return Top